キドリハ通信 KIDOREHA BLOG

脊髄損傷者の不妊治療 <体験談> 2020年05月30日 15時29分12秒

私たちの不妊治療について
こちらに記載したいと思います。

前の記事「はじめに」もぜひ参考に
していただければと思います。

私たちの場合、途中転居したこともあり
お世話になった病院が関東と関西にあります。
また、私たちの試みとして、受精タイミングを
変えた胚移植にも挑戦したので、少し経緯が
複雑になっています。

わかりにくいところもあるかとは思いますが、ご了承ください。
私たちの記憶に基づき記載しておりますが、
情報について専門家の方でご意見・アドバイスや
助言がある方は直接ご連絡いただけると嬉しいです。

< お世話になった病院 >
今回、たくさんの先生にお世話になりました。
気持ちに寄り添い、全力を尽くしてくださった
先生方に本当に感謝しております。
ありがとうございます。

◼︎関東
・横浜市立大学付属病院(TESE / 横浜)
https://www.yokohama-cu.ac.jp/fukuhp/

→東京に在住していた時にお世話になった病院です。
また、こちらの病院と一緒に海老名の不妊クリニックに
精子を保管し、お世話になりましたが
家族の事情で神戸に戻った為、そのあとは下記の病院で
お世話になりました。


◼︎関西
・ゆたかクリニック(TESE/ 大阪・京橋)
http://yutakaclinic.jp/

・山下レディースクリニック(神戸・三宮)
https://www.ylc.jp/



< 私たちの経緯 >

スクリーンショット 2020-05-30 15.08.56

① 情報を集める

◼️2015年4月〜 夫の入院(急性期病院)
(入院期間:3ヶ月) 
・ICUから一般病棟に移り、
 今後子供を授かることができるのか疑問をもつ
・自分でネットを中心に情報を集めるも、
 なかなか見つからず。
・転院先のリハビリ検討過程で、
 各病院の先生にも出産の相談&ヒアリング。
・脊損者の不妊治療について経験のある先生の情報を得る
(神奈川リハビリテーションセンター 泌尿器科の先生より
情報を得て、希望をもてた。実はこのこともあり、
転院先を神奈川リハビリテーション病院に決めた。)


② 射精障害の状態を知る <夫:障害者>
脊損者の妊娠は私たちが考えるに、「自己射精
ができるかできないか」が、一番のキーポイントになります。


スクリーンショット 2020-05-30 15.08.57

◼️2015年7月〜  リハビリ病院へ転院(入院期間:8ヶ月)
・泌尿器科の先生が、複数の方法で射精できないか試してくれる
1. 電気マッサージ機による刺激
2. 直腸への電気刺激

・上記の方法で夫は射精が不可能だったため、
泌尿器科の先生から紹介状をもらい横浜市立病院で
TESE(無精子症や不動精子症、重度射精障害などの
男性不妊患者様の精巣から直接精子を回収する
手術方法、micro-TESEなど様々な技術がある)の
方向で検討。

この時点で体外受精による妊娠&出産が選択肢となる。

→ちなみに、上記の方法やなんらかので射精できた人は、
精子を出すことで新しい精子が精巣に作られるため、
元気な状態の精子を作り出すことができます。
一方で、精子が出せないと、精巣の中の精子の元気が
なくなってしまいます。

この状態では、男性不妊の「無精子症」と同じ治療を
受けることになりますが、脊髄損傷者は神経障害により
精巣の温度を一定に保つことができず、生殖機能(精子)
が減退していく、という説があり、
早期に精子を取り出すことを私たちはオススメしています。
オーストラリアで出会った車椅子の男性は、
受傷後10年以上経過した状態でTESEに取り組みましたが、
精子が見つからなかった、と言います。
(こちらについての見解は、あくまでも体験談で
専門の先生によって異なる場合がございます。
ぜひ担当医の先生と相談をして判断をしてください。)

▼詳細は記事を参照ください。
「脊髄を損傷したら、まずは精子の救出を。」
2017年6月7日(事故から2年と66日)」
http://rwpj.jp/blog/%E3%80%8C%E8%84%8A%E9%AB%84%E3%82%92%E6%90%8D%E5%82%B7%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89%E3%80%81%E3%81%BE%E3%81%9A%E3%81%AF%E7%B2%BE%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%95%91%E5%87%BA%E3%82%92%E3%80%82%E3%80%8D2017/

★夫:木戸俊介より、少し余談ですが・・・
神奈川リハビリ病院の泌尿器科にて、
TESEを受けるに至るまで、様々なことを試しました。

(リハビリ病院にて)
1.電マを15分以上当て続けて勃起するか?
 (ほぼ自力で勃起するかどうか)
 ↓復活した友人います(私たちの間では伝説の男です笑)
http://rwpj.jp/bbs/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AErewalk%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E3%80%80%E6%B1%A0%E5%B1%B1%E3%80%80%E6%98%AD%E9%AB%98%EF%BC%88%EF%BD%83%EF%BC%96%E3%83%BB%E6%84%9F%E8%A6%9A/

2.バイアグラ⇒薬で勃起するか。木戸は反応なしでした

3.電気刺激で勃起するか
 (神奈リハ泌尿器科。木戸は膀胱に感覚が残っていて、
  電気刺激が痛すぎて断念。)

4.AVを見続けて勃起するか
 (脳性勃起を誘発できるか。
  木戸は今でも続けているが勃起しない)

③ 体の状態を知る <妻:健常者>
健常者である私は、一般の不妊治療のプロセスと同じです。
自分の体の状態を知り、そもそも妊娠ができる状態かを調べます。

・私(妻)は不妊専門クリニックにて診察、各種検査を受ける。
→体外受精となると、
 卵子を取り出す必要があるので妻も検査を受け、
 正常に卵子が取り出せるか、不妊要因がないかを
 チェックする必要があります。

→また、精子を取り出す病院(泌尿器科)と
 不妊治療を受ける病院(不妊クリニック)は別のため、
 取り出した夫の精子の確認(数や精子の動きの状態など)
 は不妊クリニックで行う。
 よって、手術当日、横浜市立大学附属病院で
 取り出した精子は私が不妊クリニックまで運ぶ必要が
 あると説明を受ける。

・夫はリハビリ病院に入院中、外出許可をもらい
 横浜市立大学附属病院にて診察、
 精子を取り出す日取りを調整

④ 精子を取り出す <TESE手術当日>

・手術当日。夫は全身麻酔で精巣を切り、
 精子を取り出す。
・妻は手術室の前で待機し、
 手術直後取り出した精子を渡される。
(透明な小さなケースに入っており、
 それを保存袋に入れてハンドキャリー。)

・横浜市立大付属病院から、
 私(妻)が不妊クリニックへ直行、精子を運ぶ。
(普通に電車に乗って運びました。
 本当に運び屋になった気分で、
 落としたらどうしよう、とか、
 本当にドキドキしました。)
・不妊クリニックで取った精子の
 状態を確認してもらう。
→精子が生きているか、何個取れているか、
 元気か、などの状態を見てもらいます。
その当時の先生によると若い人で受傷から
間もない人の場合は精子が多く取れることが期待できる、
とのことでしたが、夫の場合は精子が1つしか取れず、
とてもショックで泣きました。
これについては夫がもともとそういう体質だったのか、
脊損の期間に精子が元気で亡くなったのか、
明確な見解はありません。
しかし1つでも動いている精子が取れたことは
後から感謝してもしきれないほど
ありがたいことでした。

・私が卵子を取り、受精させるときまで、
取れた精子は凍結して保管。

<余談:精子が眠っている?!>
先生にお聞きしましたが、
ずっと射精していない状態が続くと
精巣で精子が眠っている状態になっていることが
あるそうです。

よって、TESEで採取した精子を不妊クリニックで
初見で見ていただいた時は、全体的に動いていない
状態ではありましたが眠っているのかも?
との見解もありました。



⑤ 神戸の不妊クリニックに、転院

◼️2016年 11月ごろ 家族の事情で神戸に転居。
・東京に住んでいたが、私(妻)の母が病気を患い、
 私が母のそばにいたいという理由で
 私と夫、2人の故郷である神戸に引っ越す。
・引越に伴い、神戸での不妊治療を検討。
 転院先を医療従事者の友人から紹介してもらい、
 精子の輸送方法などについて相談をする。

・転院元の不妊クリニック(海老名)から転院先
 (山下レディースクリニック)に、紹介状を書いてもらう。


◼️2017年1月 神戸の病院
(山下レディースクリニック)に転院
・精子を神戸へ輸送。
 このとき、山下レディースクリニックの培養士の方
 がかなり親身に相談に乗ってくれ、海老名の病院と
 輸送方法について色々と段取りをしてくれて
 非常に助かりました。
 (不安だったので、何より心が救われました…!!)
・山下レディースクリニックから
 「液体窒素充填済みドライシッパー」を転院元の
 病院に送っていただき、そこに保管していた
 凍結精子を入れて輸送しました。
→このときかかった費用はもちろん自腹になります。
(※当時の金額ですので消費税や医療制度の改定など、
 今は変更されている可能性大です、
 必ず病院に確認してください!!):
 輸送業者による容器レンタル料など 39,420円
 宅急便(横浜→神戸) 1,512円


⑥ 不妊治療開始

◼️2017年4月ごろ
・神戸へ引越しが完了。このタイミングで、
 山下レディースクリニックにて、不妊治療を開始。
 基本ここからは、男性の出番はない。
・転院元での検査結果を提出し、
 不足している検査を受ける。
・先生とスケジュールを決めて、卵子を作るための
 ホルモン剤など投与。
 →採卵→受精(この流れ〜妊娠までは、脊損か
 そうでないかに関わらず、一般体外受精の流れと一緒です。
 ちなみに、「アンタゴニスト法」にて試みました。)
・卵子16個を採卵。私の年齢で平均だと約6〜7割は
 受精するだろうと一般的に言われているそうですが、
 私たちの場合はできた受精卵の数が少なく、
 状態の良い受精卵は1つでした。
 →これは、脊損が原因か精子か卵子のもともとの原因
 なのかはハッキリとわからないそうです。


⑦ TESE&採卵 2回目

◼️2017年6月 2回目の試み
・できた受精卵が少ないため、
 より、妊娠の可能性を増やすべく、
 再度受精(TESE&採卵)を希望。
 2回目の受精は、1回目とで受精のタイミングを
 変えてみることを検討。
・1回目は凍結した精子と卵子を組み合わせたが、
 2回目は取れた精子と卵子をフレッシュの状態
 (凍結せず生の状態)
 のまま受精させることを検討。
・私の採卵日、夫のTESEの手術の日程をすり合わせ。
 (取れた卵子と精子をそのまま受精させるため、
 日程を同日に合わせる必要があった。)
・夫は、大阪、京橋にある「ゆたかクリニック」
 でTESEを行った。
 そのまま、スタッフの方が精子を山下レディース
 クリニックまで輸送してくれ、そのまま受精した。
・フレッシュな精子を使うことで結果が良くなることを
 期待したが、結果は凍結した精子での受精と変わらず、
 できたのは1個だった。
(もともと過去のデータ的に、フレッシュと凍結した
精子とでは受精率は変わらないというデータは
あったそうなのですが、データのサンプル数が
少ないだけではないか、と疑問をもち、
私たち夫婦はチャレンジしてみることを決意。)

スクリーンショット 2020-05-30 15.08.59


◼️2017年10月 胚移植
・できた受精卵を子宮に戻す。
・他の受精卵、夫の余っている精子は凍結保管。
 →妊娠判定陽性

◼️2018年6月19日
息子を出産。



< かかった費用 >

これは、住んでいる場所、
年収などによっても個人差があります。
木戸家の場合を、記憶と記録に
残っている限り整理して記載します。

◼︎概算
TESE手術&精子凍結保存
+採卵&凍結保存+人工授精などで
100万円/年くらいかかりました(概算)
※手術の回数、どれだけの期間
精子や受精卵を凍結しておくかにもよる
※精子や受精卵は、いくつか取れたら
次回の不妊治療まで凍結しておくため、
保管のための更新費が精子と受精卵、
それぞれにかかります。

◼︎補助金
⇒自治体ごとに不妊治療の
助成金があるので調べる(病院で聞く)べき。
⇒金額は自治体や年収により異なる。
木戸家(神戸市、年収は、前職を退職後
だったのであまり高くありませんでした)
の場合は20~30万円くらいの助成金を
いただきました。


以上です。


そして、この6月に、2歳の誕生日を迎えます。
妊娠⇒出産⇒子育てで、
さまざまな苦労はありますが、
それは、障がいに関係なく、
私たちだけではありません。

両親や家族、周りの方々に支え、
励ましてもらいながら、
奮闘する幸せを感じながら過ごしています。


リハビリも一緒ですが、、、
「歩けなければ、不幸。」
というわけではありません。
歩くためのリハビリや生き方に
選択肢があれば、前向きにチャレンジができます。

ですので、不妊治療についても、
少しでも多くの選択肢を知り、
自分たちに合った生き方を選択できれば、
悩みながらも前進できると信じています。

最後に。
今回の情報が、必要とする方、
または必要とする方の近くにいる方に
届くことを改めて願います。

コメントを投稿する

すべての項目を記入して『投稿する』ボタンを押してください。パスワードは投稿したコメントを編集・削除する時に必要になりますので、忘れずに覚えておいてください。

編集