キドリハ通信 KIDOREHA BLOG

『結婚式に参加する3つの意義』2018年7月1日(事故から3年と85日目) 2018年07月01日 18時44分59秒

Vol.14 キドリハ通信~欲しがりません立つまでは第6章~

皆さん、こんばんは。
前回の投稿から、まるまる1か月経ってしまいました。
公私ともにバッタバタの毎日を過ごしています。
キドです。

週末は、長崎まで、大学時代の友人の結婚式で出てきました。
幹事をした二次会もうまくいって、新郎新婦が喜んでくれていたのがなによりでした☆

今回の長崎遠征も、すごく有意義でした。

さて、今日のタイトルですが、どういうことなのか。
僕が3年前に事故で死にかけたとき、目を覚ますと、ベッドの周りに家族全員が勢ぞろいしていました。

事故からさかのぼって過去10年くらいの中で、
家族が全員そろうことなんて、結婚式、お葬式、そして僕の事故の時だけでした。

だからこそ、無理やりにでも家族で集まれる時間をつくるって大切だなと、
退院後、家族勢ぞろいで熱海へ旅行にいきました。
兄も仕事がありましたが、夜中に合流して勢ぞろいできました。

そんな風に、家族で集まる時間って、それだけ貴重なんだと思います。

結婚式も同じだと思うんです。

今回、結婚式に向けて、新婦さんとサプライズプレゼントの打合せをしていた際に、
大学時代の友人である新郎が最近ずっと「みんなで久々に集まるのが楽しみだ」と言っている、という話を聞きました。

「結婚式」って、そのためにあるんじゃないかな、って思えてきます。
数年に1回というタイミングで、普段集まれない仲間と集まるためのイベントなんじゃないかな、なんて思います。

以前、「マヨネーズの瓶とコーヒーの話」を紹介しました。
みんながそろう機会って、無理やりにでもつくらないとなかなか無いもんです。

人生における大切なものとは?「マヨネーズの瓶と2杯のコーヒー」の話が心に響く

もちろん、新郎新婦をお祝いするというのが1番の目的ですが、
そこには2つ目の目的があって、みんなで普段会えない仲間と会って、刺激をもらうためにあるんじゃないかな、
なーんて考えたりしました。

さらに、人生におけるポジションを確認する良い機会でもあるな、と。

ああ、アイツは子どもが生まれてパパとして成長してるな、とか、
あいつはあんな仕事を任されて、目の色が変わってたな。とか、
さらには、アイツは今回海外出張で来れなかったらしい。多分今ごろドンドン成長してるな。とか…。

自分の人生を改めて考えて、自分が今どのくらい人生の目標に近づいているかなとか、
それを周りと比べてみることで、自分も新たな目標を見つけたりとか。

今回も、「俺も、みんなに負けてられないな。」
そんな刺激をもらえた結婚式でした。

そんな風に考えると、とても貴重な時間だったと思います。

以上、今日はこのへんで!!
また次回、お会いしましょう。

コメントを投稿する

すべての項目を記入して『投稿する』ボタンを押してください。パスワードは投稿したコメントを編集・削除する時に必要になりますので、忘れずに覚えておいてください。

編集